防水工事

屋上やベランダ・バルコニーの防水対策は充分でしょうか?
建物には基本的に新築段階で防水工事がなされていますが、こうした平らな場所は雨水が溜まりやすく、防水対策が不十分な場合には雨水が染み込み、雨漏りの原因になってしまいます。
塗膜の剥がれやひび割れ、雨漏りが起きている場合は一度私たちまでご連絡ください。
施工個所ごとに最適な工法を選び、丁寧な施工をお届けいたします。

 

防水工事の工法

□ウレタン塗膜防水
液体状のウレタンを施工面に塗って防水層を形成する工法です。
凹凸のある面にも馴染みやすく、撤去する際には廃材が出ないなど、高い施工性を持つため、国内で半数近くのシェアを誇る工法です。
トップコートの塗り替えを5年目安におこなえば、15年近い防水性能を維持することができます。
さらに15年を目安におこなう改修工事も、ウレタンのの重ね塗りで済むため施工費用を抑えることが可能です。

□FRP防水
FRPとは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforceed Plastics)の略称です。
ウレタン防水の場合は2~3層の防水層を重ねるのに対し、FRP防水は仕上げ面のトップコートを含めて5層の防水層を持ちます。
その高い耐久性と乾燥が早い特性を生かた工期の短さが、この工法の大きな特徴です。
高い耐久性、成形性を持つため急速に需要を伸ばしており、建築以外にも船舶や水槽・自動車など、さまざまな分野で採用されています。

一覧ページに戻る