溶接工事

あらゆる金属をつなぐ溶接には、確かな知識と正確に作業をおこなえる技術力が求められます。

丁寧に溶接された配管であれば、そこを流れる液体やガスが配管から漏れ出る心配はありません。
ですが、たった一つの溶接ミスが配管のつなぎ目に隙間を生み、そこから配管を流れる物質が漏れ出てしまいます。
そうなると、設備の故障や劣化の進行を早めるだけでなく、最悪の場合には大事故になるケースも。
リベルタ企画では、数多くの現場経験で培った知識・技術力を活かし、確実性の高い施工をいたします。

 

溶接方法について

□アーク溶接
空気中の放電現象を利用して、金属同士をつなぎ合わせる工法。
幅広い現場で用いられている一般的な溶接方法です。

□TIG溶接
電気を用いたアーク溶接方法の一種。
高圧パイプ・精密機器などに用いられる工法で、精密性が要求される際に使用します。

□半自動溶接
半自動溶接は、ワイヤ送給が自動でおこなわれる方法。
施工性が高く、短工期で仕上げられるのがメリットです。

 

金属加工はリベルタ企画にお任せください

製缶・金物製作など、金属加工全般に対応可能。
工事の大小問わず、お客様のご要望に添えるよう、一つひとつ丁寧に製作いたします。

もちろん、ご相談いただいた内容に対して全力で対応いたしますので、
「小さな工事だけど頼んでも大丈夫?」
「急ぎでお願いしたいことがあるのですが……」
など、急なお困り事や納期のご相談など、まずは何でもお気軽にご相談ください!

一覧ページに戻る