シーリング工事

シーリングとは、建物のあらゆる目地部分の隙間を埋めるために使用されている、ゴム状の素材のこと。
建物内部への水分の浸入を防ぐという重要な役割を担っています。
シーリング工事は、職人の技術次第で持ちが変わる工事。
そのため、実績が多い業者を選ぶことが大切です。

リベルタ企画はこれまで、数多くの塗装・防水工事を手掛けてまいりましたので、仕上がりの美しさと高い耐久性に自信があります!
正しい知識と技術力で、長持ちするシーリング工事をご提供いたしますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

 

シーリング工事の種類

・新築工事…新築の建物にシーリング材を打つ工事
・打ち替え…既存のシーリングを一度撤去し、新しいシーリング材を打つ工事
・打ち増し…既存のシーリングの上からシーリング材を充填する工事

打ち増しは打ち替えに比べて工事費用を安く抑えられるメリットがありますが、劣化したシーリング材の上から充填するため、耐久性を高めるというよりかは応急処置としておこなわれることが多い工法。
前回の打ち替え工事から5年以上が経過している場合は、基本的には打ち替え工事をオススメしております。

 

シーリング打ち替えの流れ

【STEP1】既存のシーリング材を撤去
まずはシーリングに切り込みを入れ、きれいに取り除いていきます。

【STEP2】養生
シーリングを打つ箇所に、マスキングテープで丁寧に養生をおこないます。

【STEP3】プライマー塗布
シーリング材の密着力を高めるプライマーを塗布。
このプライマーが不足していると、やせ・剥がれといった劣化の進行を早める原因となってしまいます。

【STEP4】バックアップ材挿入・ボンドプレーカー貼り付け
バックアップ材を挿入し、ボンドブレーカーを底面に貼り付けていきます。

【STEP5】シーリング材の充填
コーキングガンを使用し、シーリング材を充填していきます。
シーリング材のボリューム不足は、やせの原因になるため適切な厚さに充填することが重要です。

【STEP6】ヘラおさえ
シーリング中に空洞が発生しないように、ヘラを使用して圧着させていきます。

【STEP7】養生はがし・乾燥
シーリング材が乾く前に養生テープをはがします。

一覧ページに戻る