前回の続きです!乾燥収縮ひびわれの抑制方法

こんにちは^^

「前回台風が通り過ぎて雨も全然降らなくて良かったですよねー!」

って書いていたのに、次の次の日には大雨が来て

すごく大変でしたよね(T . T)     ウチの会社は大丈夫だったんです

けどやっぱ久留米ゆめタウンら辺は結構ひどかったですね!

去年に比べたら全然洪水してないのでまだ良かったですよね!

この毎年大雨が降るのやめてほしいですよね。涙

さて世間話はこの辺にして、

今回は「乾燥収縮ひびわれの抑制方法」をお伝えします^^

 

(1)コンクリート構成材料を検討する

 

 

骨材:コンクリートの乾燥収縮は、骨材の種類が大きく影響します。

最近では石灰石骨材の採用が乾燥収縮を制御する1つの方法

となっています。

 

膨張材:コンクリート混和材である膨張材が使われるのが代表的

です。硬化の初期段階において予め膨張させることで、

コンクリート構造物の断面に圧縮力を与えておき、その後の乾燥収縮

による引っ張る力を補償します。

 

(2)コンクリートの配合

 

 

コンクリートの配合によって乾燥収縮量を低減するためには、

単位水量をなるべく少なくすることが重要です。

また、セメントペーストの収縮を拘束する骨材量を増加させたり、

骨材の粒度調整を行うことも対策です。

 

(3)コンクリート構造物の拘束を緩和

 

 

乾燥収縮ひびわれの発生は、乾燥収縮が周りの部材や鉄筋に拘束され

コンクリートに引っ張る力が生じることに要因があります。

よって拘束を緩和させることが有効になりますが、ひびわれ幅を

制御する方法として代表的なものが鉄筋量を増やすことです!

これは、有害なひびわれを発生させないための手段として有効です。

 

また、床や壁のように広い面積を持つ構造物においては、

コンクリートの表面に目地を設け、コンクリート表面の収縮を

緩和させ、計画位置以外の部分にひびわれを発生させない

方法も適用されます。

 

さて今回はここまでで、

次回「環境温度、湿度の変化によるひびわれ」です!

次回のも見にきてくださいね^^

 


一覧ページに戻る