外壁塗装の色の選び方

外壁や屋根など、住まいの塗り替えを検討する際に費用や業者選びの他、「色選び」も大変重要なことです。
お住まいの塗り替えは、人生で多く経験することではありません。
これから先、長く生活するお住まいを塗り替えるのに、
「失敗したらどうしよう」「我が家に合う家は」どんなのだろう?といった悩みや
「大きく色を変えても大丈夫なのかな」と不安に思うこともあるでしょう。
そんな悩みや不安を解消するために、リベルタ企画では、「カラーシミュレーション」や「カラーチャート」を使用した
入念な打ち合わせで、お客様に仕上がりのイメージを明確にイメージしていただけるよう努めています。

そこで今回は「色選び」に失敗しないための基本的なポイントをご紹介いたします。

 

1.面積効果

思っていた色と違ったという失敗の大きな理由の一つが、面積効果です。
これは全く同じ色であっても、小さな面積で見た場合と大きな面積で見た場合とで、見え方が異なってくることです。
明るい色は、面積が広くなるほど明るく鮮やかに見えます。
暗い色は、面積が広くなるほど暗くくすんで見えます。
これが、色の面積効果と呼ばれるものです。

外壁はとても面積が広いため、サンプルカタログから色を選ぶ際、色の面積効果によって仕上がりのイメージが違って見えることまで踏まえて色を選ぶことが大切です。

 

2.明度対比


ツートンなどで色を塗り分ける場合、隣接する外壁の色によって色合いが濃く見えたり、明るく見えたりします。
これは明度対比と呼ばれる現象で、目の錯覚によってそのように見えてしまいます。

例えば、片方を落ち着いた色で塗った場合、隣接した外壁に鮮やかな色を選ぶと必要以上に鮮やかに。
明るめの色を塗ると必要以上に明るく感じてしまいます。
そのため、片方が落ち着いた色で、隣接した外壁に明るめの色を希望される場合は、ワントーン暗めの色を選びましょう。

また、片方が落ち着いた色で、隣接した部分に暗めの色を希望される場合は、反対に必要以上に暗めに見えてしまうため、ワントーン明るめの色を選ぶと良いでしょう。

 

3.景観


近隣にある家とうまく調和する違和感のない色を選ぶことも重要です。
両隣だけでなく、街並み全体を見回ってどういった色がマッチするか考えてみましょう。
好みのいろだとしても、街全体の印象と違った色はあまりおすすめできません。

また、市区町村によっては景観を損なわないために、「景観ガイドライン」が定められている場合もあります。
京都に旅行をされたことがある方は、普段見ない色合いの大手チェーン店を見かけたことがあると思います。
これは京都市の景観ガイドラインにより、大手チェーン店といえども、シンボルカラーを使う事ができないため。
初めて外壁の色を塗り替える場合は、該当の市区町村に景観ガイドラインが定められていないか確認することも大切です。


一覧ページに戻る