コンクリートになぜヒビが入るのか第一回目

こんにちわ^^また最近暑くなってきましたね(T . T)

福岡県では、40°越えとかありますね、、、

こんなに暑かったら熱中症になってもおかしく無いですね、、、

しっかり水分補給などしていきましょうね!

 

 

さて今回は、コンクリートになぜヒビが入ってしまうのかを

何回かに分けてお伝えしていきますね^^

まず一回目の記事は、

「コンクリートにひび割れができる種類と原因について」

コンクリートにひび割れができる原因は何種類かあり、

コンクリートの材料や配合、施工、使用環境、構造、など

色々あります。

大きく分けると、2種類あって、

「進行性のないもの」、「進行性のもの」があります。

進行性のないひび割れには、乾燥収縮によるものや

セメントの水和熱によるもの、コンクリートの沈下、

ブリーディング(コンクリート内の水分が上昇し表面に浮き上がる

現象)によるものなどが挙げられます。

 

 

進行性のひび割れはさまざまな原因によってコンクリート自体が

劣化していく現象のため、時間とともにひび割れ幅は拡大し、

鉄筋の腐食とともに構造物の性能は早く低下していきます。

 

進行性のひび割れにはアルカリ骨材反応によるもの、

凍結融解作用(コンクリートの中の水分が凍結し体積が膨張する)に

よるもの、塩化物の浸透によるもの、疲労によるものなどが

挙げられます。

さて今回はここまでにして、

次回「乾燥収縮によるひび割れ」についてお話ししていきますね^^

 


一覧ページに戻る