フローリングに隙間ができる原因。

こんにちは!今回はフローリングに隙間ができる

原因をお伝えしようと思います。

なぜ下の写真のような隙間ができるのか、

この様な隙間の発生は主に無垢フローリングによく見られます。

無垢フローリングとは、天然木から取り出した木を1枚の板に

加工した天然素材のことです。

こういった隙間は周囲の湿度の増減に伴って、室内の湿気を

吸ったり吐いたりして、膨張したり、収縮したりするのです。

なので、冬場の乾燥する時期には隙間ができたり、

夏場の梅雨時など湿度の高い時期には、空いていた隙間が

無くなったりします。カーペットや、こたつなどを

使っている所もフローリングが乾燥して隙間が開く原因になります。

もし、家を建てたい、フローリング変えたい、

と思ったら業者さんにお任せするのでは無く一緒に

選ぶのも悪くないですね(^^)

隙間を埋めるだけで良いという方は、コーキング

といった方法もございます!この2つは自分でもできるので

コストはかなり抑えられると思います!

しかしきれいにできるか不安、というお悩みをお持ちの方も多いはず、そんな方は業者にご依頼ください。

こういった隙間から蟻が入ってきたりする可能性もあるので

隙間が空いていたら、早めに対処する事をオススメします!


一覧ページに戻る